無洗米を使い始めるともう普通のお米は使えない…。

2年前、初めて実家を出まして一人暮らしを始めました。
一人暮らし用品をそろえている時にお米を買いにスーパーへ行ったのですが、

何気なくとったいつものお米のとなりに「無洗米」の文字が。実家では時々お米とぎを手伝っていましたし、そんなに嫌いな作業でもなかったのですが、

一人暮らしは初めてだし、他にやらなきゃいけない家事も増える…。やっぱりできるだけ作業は減らしたいな~と感じ、少しお値段は高めでしたが無洗米を購入しました。

家に帰ってさっそくお米を炊く準備をしましたが、今まで洗っていたので、「本当に洗わなくていいの?一回くらい洗っとこうかな?」と不安が募りました。

スマートフォンで洗うべきかどうか調べたりもしましたが、こんなことをやっているならとりあえず炊いてみよう!と思い、水を入れて炊飯器のスイッチを入れちゃいました。

ドキドキしながら炊きあがりを待つこと30分程度。
炊きあがった白米と、簡単なおかずで一人暮らし、初自炊の晩御飯の完成です。

無洗米の味はどうかな・・・?と、おかずよりも先に白米をパクっ。

おいしい。普通においしかったです。値段は一番安い無洗米を購入したため、特別おいしい!というわけではなかったですが、洗い足りない時に感じる糠臭さなども感じず、おいしくいただけました。

残った白米はラップに包んで冷凍しておきましたが、数日後解凍しても味が変になっているわけでもなく、無洗米の便利さ・味のおいしさを感じることができました。

さて、問題はこの無洗米が底をつきた時でした。あと1食分くらいにまで減ったので、また買おうとスーパーへ行ったのはよいのですが、その日は普通の洗うお米のセール日だったのです。

いつもより300円程度安いお米、と、その横にいつも通りの価格の無洗米が。

究極の選択に迫られた私が、購入したものは・・・もちろん無洗米です。

無洗米の便利さを知った私は、もう普通の洗うお米に戻ることはできませんでした。お米を測り水を入れてスイッチを押すだけ、の便利さはお金にも勝ってしまいましたね。

その後、つい最近までずっと無洗米の愛用者だった私ですが、2か月ほど前、実家からお米を送っていただきました。届いて使うまではありがたいな~と思っていましたが、

いざお米を使う直前に、ハッ!とこのお米は洗わなければいけないお米では!?と思い出し、急いで母に連絡を取りました。のんびりとした声で「ああ、洗わないといけないよ~」と。少しがっかりしました。

もう無洗米に慣れてしまっていた私にはお米を洗う作業が大変面倒で・・・。このお米が無くなれば、次はまた無洗米を買ってやろうと思っております。