無洗米の意外(?)な利点

無洗米、最近色々な銘柄が増えてきましたね。一昔前は味に疑問を持つような風潮もありましたが、(自分の周りだけでしょうか?)今ではすっかり市民権を得て定着していますね。値段も無洗米でないお米と比べてもほとんど変わらなくなってきました。

さて、無洗米と聞くと皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?「研がなくて良いから楽」とか「とぎ汁が出ないから環境に優しい」「時間も水道代もかからない」などの理由を挙げると思います。自分は上記のような利点は全く気にしていませんでした。

研ぐのは別に苦ではなかったですし、環境問題も自分のとぎ汁一つで解決するとは思いません。(解決するならもちろん努力しますが)時間もちょっと研げばいいだけですので、気にしません。ですが、自分は昔から無洗米以外を使用しません。実は無洗米には大きなメリットがあるのです。それは・・・

「手で研がなくて良い」ということです。

と、聞くと「当たり前じゃない!」と思われるかもしれませんが、実は自分には手でコメを研ぐのに躊躇してしまう理由があるのです。

自分は工場で基板を打つ仕事をしています。そのため、どんなに気を付けても手に油やほこり、汚れが付着してしまいます。汚れや埃などは風呂に入れば落ちますが、厄介なのは基板に部品を取り付ける際に使用する「ハンダ」です。

このハンダ、鉛を含んでいますので、当然口から入れば蓄積されてやがて重篤な症状を引き起こしてしまいますし、大量でなくとも決して体に良いものではありません。

しかしこのハンダ、手に付着すると指紋の中に入ってなかなか取れないのです。そんなハンダだらけの手でコメを研ぐ・・・考えただけでも未来の自分に申し訳なくなってきますね。そんなわけで我が家は常に無洗米を購入しています。

ちなみに友人にこの話をしたら、その友人も無洗米派でした。その友人は飲食店勤務で、トイレ掃除が日課のため、仕事が終わって帰宅し、そのあといくら洗った後でもその手でコメを研ぐ気にはならない、というのが理由のようです。

確かにいくら念入りに洗っても、精神的にちょっと抵抗ありますよね。さぼらず、真面目に仕事で掃除していればなおさらです。(笑)

健康を守ることができて、精神衛生上にも良い、ついでに時間や水道代が節約できて楽ちん、さらにさらに環境にも良いといういいことづくめの無洗米。書き忘れましたが、ついでに手も荒れませんよ。これからも愛用していきます。